セキュリティの今日、そして明日を読む

2020年セキュリティ脅威予測

総合的な対策のために高まる脅威インテリジェンスの必要性 2020年以降、企業を狙う攻撃はより綿密に計画され、広範囲への影響を意図し、多様な戦術が駆使されることが予測されます。

こうした中、企業がプロアクティブに攻撃者の戦略を把握し、セキュリティ上の不備の特定や侵入のリスクとなるつながりの排除といった対策を講じていくためには、脅威インテリジェンスおよびセキュリティ分析が、これまで以上に重要となってくるでしょう。こういったセキュリティ対策およびリスク管理に取り入れられるべき総合的な脅威インテリジェンスは、攻撃発生前にリスクを軽減したい企業にとっては不可欠な要素となります。優れた知見と防御策が用意されていれば、巧妙な脅威、執拗なマルウェア攻撃、フィッシング攻撃、潜在的なゼロデイ攻撃、その他のさまざまな攻撃を防ぐことができます。

また、企業では環境を完全に可視化することで、脅威をリアルタイムで検出し、攻撃を阻止する効果的な防止策も可能になります。これは、エンドポイントを超えて、メール、サーバ、クラウドワークロード、ネットワークを含む総合的なセキュリティ対策を意味します。企業は不足するサイバーセキュリティのスキルと不十分なセキュリティ環境が、2020年の脅威状況において重要な要素であることを認識するでしょう。

企業の意思決定者やIT管理者は、自社の環境で何が起きているかを把握することが、これまで以上に強く求められています。こうした中、脅威インテリジェンスを用いた相関関係の分析や総合的な視点を得るため、Security Operation Center(SOC)の分析チームのようなセキュリティ専門家の役割が、これからはより一層重要になってくるでしょう。
(2019年12月に掲載)

ホワイトペーパー

関連するコンテンツ